×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

帰国のためにやること

Last update: Apr./27/2009

いよいよ帰国間近に迫って来ました・・・というとき、何をすればよいのでしょうか。 実際に私がやったことをまとめておきます。

返金があるものについては、お金の受け取り方法を確認することが必要です。通常は小切手での返金になることが多いようです。 日本へ小切手を郵送してもらう、アメリカの友人宅に小切手を送ってもらう、など対策を考えておきましょう。 郵便の転送は国外は不可のようです(未確認)

・旅行計画を立てる
日程を決めたら、必要に応じて、航空券、ホテル、レンタカーを手配
・引越会社の手配
・アパート管理会社への退去通知
アパートによっては1ヶ月前までに通知する必要があるので注意。
・ケーブルテレビ、インターネットの解約。
ケーブルテレビやインターネットは定額先払いが多いので、引越する月の請求額が決まる前に連絡した方が無難。
・電気、ガス、水道、電話の解約
インターネットでも解約手続きができる。数日前でもOK。契約期間が1年以下だとデポジットの返金があるので注意。
・家具などの売却
Moving Saleなどで売却。
・自動車の売却
個人売買、ディーラーで売却。
・自動車保険の解約
車の売却日の翌日を解約日として日割りで返金がある。
・カーサポートサービスの解約
AAAやプレミオカーライフサポートなどの解約。
・旅行保険の解約
これも日割りで返金。
・銀行登録住所の変更
Bank of Americaは日本に住所変更可能。
・帰国届けの提出
在米日本大使館(領事館)に帰国届けを提出。在留届をオンラインで行っていれば帰国届けもオンラインで可能。
・JALファミリークラブの退会
帰国すると会員資格が無くなるので退会。同時にJALマイレージクラブの登録も日本へ移行。
・クレジットカードの解約
ドル建てクレジットカードの解約。JALファミリークラブプレミオカード、ANAカードUSAなど。